ダラシンTゲル 使い方

ダラシンTゲルを顔に使う場合の正しい使い方

ニキビの治療に効果的といわれている、ダラシンTゲル。顔に使用する場合、どのように使用するといいのでしょうか?正しい使用方法や、注意点などを紹介していきたいと思います。

ダラシンTゲルの正しい使用法

ダラシンTゲルの正しい使用法は、
1.洗顔をしてしっかりとお肌の汚れを落としましょう。
2.化粧水などで、お肌を整えましょう。
3.お肌が落ち着くのを待ち、ニキビ部分にダラシンTゲルをぬりましょう。このとき、ニキビの範囲を越えてぬり過ぎないようにしましょう。
4.日中に使用するときには、紫外線対策をするようにしましょう。

ダラシンTゲルを使うときのポイント

ダラシンTゲルは、一般的には朝夜の1日2回の使用となります。

使用する前にはお肌を清潔にしてから使用するようにしましょう。

ダラシンTゲルを使うときの注意点

ダラシンTゲルを使うときの注意点は、まずはニキビの範囲を越えてぬり過ぎないこと。
そして、長期間使用しないように注意しましょう。

ダラシンTゲルは、抗生物質です。
長く使用することで、耐性菌を生んでしまうことも考えられます。
ですから、ニキビが改善されたら使用を中止するようにしましょう。

また、抗生物質であるダラシンTゲルは、赤く腫れたニキビや化膿しているニキビに効果的です。
黒ニキビやニキビを予防するために使用するにはやめましょう。

もし、かゆみや赤みなどのアレルギー症状を引き起こしてしまった場合には、すぐに使用を中止するようにしましょう。
そのまま使用し続けることで、ニキビの悪化も考えられるようです。

Copyright © ダラシンTゲルを顔に使う場合の正しい使い方 All Rights Reserved.