ダラシンTゲルを顔に使う場合の正しい使い方TOP > ダラシンTゲルの副作用で肌荒れした場合の対処法

ダラシンTゲルの副作用で肌荒れした場合の対処法

どんな薬でも副作用の心配はあります。湿疹の薬であるダラシンTゲルも、副作用として肌荒れを起こす場合があるようです。その対処法のポイントなどをを紹介していきます。

ダラシンTゲルの副作用とは?

ダラシンTゲルは、ニキビや肌荒れの治療薬として処方されるお薬です。

ニキビの原因となるアクネ菌が増殖するのを抑えてくれ、抗菌作用もあるので、炎症をおこしたニキビにも効果があるようです。

しかし、使用することで副作用をひきおこしてしまうこともあるようです。

その副作用のひとつが肌荒れです。

この副作用での肌荒れの原因は、アレルギーだといわれています。

ダラシンTゲルの副作用で肌荒れした場合の対処法は?

ダラシンTゲルの副作用で肌荒れした場合の対処法は、とにかく使用を中止することです。

お肌に異常が現れた場合には、使用を中止し、違う治療薬に変えるようにしましょう。

まずは、医師に相談するということも大切です。

副作用があるのにダラシンTゲルを使用し続けると・・・

肌荒れなどの副作用があるのにダラシンTゲルを使用し続けると、ニキビの腫れが悪化することがあるようです。

ニキビが悪化すると、赤みやシミなども悪化してしまい、色素沈着を引き起こしてしまったり、クレーターのようにへこんでしまって跡が残ってしまうことがあるようです。

肌荒れなどの症状が現れた場合には、使用をすぐに中止しましょう。

こんな方は要注意

ダラシンTゲルの副作用はアレルギーが原因といわれています。

ですから、アレルギー体質であるという方は、使用する場合に注意が必要となるようです。

処方される時に医師に確認をとるようにしましょう。