ダラシンTゲルを顔に使う場合の正しい使い方TOP > ダラシンTゲルの副作用を抑える(出にくくする)使い方

ダラシンTゲルの副作用を抑える(出にくくする)使い方

ニキビの治療薬として処方されるダラシンTゲル。薬で心配なのは副作用です。ダラシンTゲルにも副作用があるようですが、その副作用を出にくくする使用方法を紹介していきます。

ダラシンTゲルの副作用

ダラシンTゲルの副作用に、かゆみや刺激、かぶれ、ひりひり感などが現れることがあるようです。

かゆみやかぶれなどの原因はアレルギー症状です。

免疫が過剰反応してしまった状態で、そのまま使用していくと、ニキビ跡を悪化させてしまうことがあるようです。

また、ニキビ痕だけではなく、シミや色素沈着、けろいどなどをを引き起こしてしまう原因にもなってしまうといわれています。

ダラシンTゲルの副作用を抑えるには?

ダラシンTゲルの副作用を抑えるには、まずは、アレルギー体質の方は、使用する時に注意をすることです。

薬を処方される時に、薬によるアレルギーがあるかどうかを確認されると思うので、アレルギー体質の方はその時に医師にきちんと伝えるようにしましょう。

アレルギー体質ではなくても、アレルギー症状を引き起こしてしまう場合もあります。

その場合にも、すぐに使用を中止するようにしましょう。

ダラシンTゲルの副作用を抑える使い方

ダラシンTゲルを使用する場合には、あまり広範囲に薬をぬらないようにしましょう。

薬をぬるのは、ニキビの部分だけで、広範囲にはみ出さないように注意しましょう。

また、ニキビが改善されてもだらだらぬり続けるのではなく、改善されたらすぐにぬるのを中止しましょう。

ダラシンTゲルはニキビの炎症を抑える抗生物質なので、ニキビの予防には使用しないようにしましょう。